Blog

知っとぉ?故郷のこれ!

知っとぉ?懐かしいけど新しい、変わりゆく我が街『若松』

若松と言えば、シャッター街と空き家の街? いえいえ、今、オシャレな街へと変貌中なんです。 北九州のプロヴァンス(南仏)と言われるようになった『若松北海岸』や クロワッサンで有名な『三日月屋』の本店が移ってきた『石炭会館』、 古い空き家をリノベーションした「カフェ」「シェアハウス」など。

shitto_201802_01

知っとぉ?進化していた地元のおみやげ Part2

年末年始の帰省シーズン到来! 2014年12月にご紹介した記事、「進化していた地元のおみやげ」の「Part 2」です。 その後、官営八幡製鐵所の世界遺産認定などもあり、新たなおみやげも誕生しています。

pickup_03.png_201712

NHK北九州放送局が初のドラマ制作!
北九州発地域ドラマ『GO!GO!フィルムタウン』
放送:2017/10/18 22:00~(NHK BSプレミアム)

北九州を舞台にしたドラマ『GO!GO!フィルムタウン』、NHK BSプレミアムで放映。「北九州市役所フィルム・コミッション」の若手職員の奮闘を描いたドラマで主演は、NHK朝ドラ『べっぴんさん』で準主役をつとめた土村芳(かほ)さん。撮影は、門司港、小倉城周辺、角打ち、若戸渡船、スペースワールドなど北九州全域で行われ、1000名もの「市民エキストラ」も協力したそうです。

shitto_201710_eye

北九モンの心意気とドラマティックシティの真実! 「北九州の逆襲」

今年出版された書籍「北九州の逆襲」の中からブログライターが「再発見した、北九州」をご紹介。 「公害の街・鉄冷えの街・荒くれ者の街だった北九州が、今は環境都市・再生都市・子育てしやすい街全国No.2」。 「北九州の良さ」に気づいてないのは、実は「北九モン」自身かも?

shitto_08_02

今年の帰省はゆったりのんびりと!
「2017年 夏の帰省のお役立ち情報」

北九州の夏祭りや花火大会などの「イベント日程」、今年閉園するスペースワールド、皿倉山星空ビアガーデンなどの「レジャー情報」、そして、青春18きっぷや高速バスによる「帰省方法」をご紹介します。

shitto_201706_01

誰でも入会できる、知的交流が楽しい「かんもん北九州ファンクラブ」。

講演会や史蹟散策会など「年間10回以上もの知的交流の機会」を楽しめる、東京都にあるファンクラブです。入会条件は「関門が好きなこと」のみ。会の代表は高12期 藤城昌三さん。

shitto_201704_300x225

出光美術館もリニューアル!『海賊とよばれた男』の 故郷「門司港」を巡る!!

明治時代の門司港で「出光商会(現:出光興産)」を起業した、『海賊とよばれた男』こと、出光佐三氏の関連スポットを数々の熱いエピソードとともにご紹介します。

top1

何でも相談できる!ラウンジスペースも利用できる! ~ 有楽町に『北九州市東京事務所』が登場!!

「地元の親の介護」や「今、流行っている店」など、ホントに“何でも”相談できる『北九州市東京事務所』が有楽町の『東京交通会館』に登場!気軽に利用できるラウンジも備えています。

shitto_201612_300x225

「50歳から住みたい地方ランキング」全国1位!~ 北九州市のシニアサポートとは?

『田舎暮らしの本』(宝島社)が行った、全国47都道府県243市区町村を対象にした調査で北九州市が1位に。そこで、「高齢の親」や「Uターン」に役立つ制度について、北九州市にお聞きしました。

shitto_201610_300x225_2

いま、北九州のムービーが面白い!

「お役所の作る広報ムービーなんて??」 ところがなんと、見どころも満載!さすが、近年「映画の街」としても名を馳せている北九州です。すぐに帰郷したくなるかも!

shitto201608-01
次ページへ »
1 2 »
PAGETOP
© 関東誠鏡会 2014-2017